子供の環境 無菌室と猫のウンチ入り砂場遊び

| コメント(0) 
こんにちは

今日のタイトルは「子供の環境 無菌室と猫のウンチ入り砂場遊び」。
なんじゃらほい?って感じですよね。

えー、つまり簡単に言わせてもらいますと・・・・

・・・・「最近の子供は風邪をひかないようにとか色々と親が気を回し過ぎてまるで「無菌室」のような環境で過ごしているため、もやしっ子のようにヒヨヒヨしている。むしろ、雑菌に触れてたくましく成長しろ。「猫のウンチ入り砂場遊び」?あー、結構ケッコウ。昔の子供たちは皆よくそーいったとこで遊んだもんだ。」・・・・

と、いうようなことを私の親戚のおばさんが言ってたそーなんですよ。
その親戚のおばさんってのが、看護婦さんなもんで・・・ちょっと彼女の発言には微妙にリアリティーがあるんですけど。
しかし何せ日本酒をクイッ、クイッとやりつつ、アン肝なんぞをつまみにやっていた席ですんで。
つまり真面目に耳を傾けるような話では無いんですがね。

でも・・・確かに・・・昔はそういうことよくあったよね。
砂場で楽しく遊んでいたら何やらムニュムニュした黒い小さい固まりが出てきた。
何だろう?と思ってイジイジしていると・・・横で大人が発見。
「あ!猫のフンだ!バッチイから早く捨てなさい!」
そして子供心に思う「あぁ、なんて所で遊んでたんだ。ガーーン・・・・。」
・・・・・・みたいな。

近頃言われるのは「最近の子は泥んこまみれになって遊んでいない。可哀そうだ。」的発言。
けど一方で、食中毒など、何かに感染して体調を崩したり、場合によっては命に落とす事も有る。

「じゃー結局どーすればいーのさ?!
キレイキレイしてるの?
ぐちゃぐちゃになって遊ぶの?
どっち?」

と、思いますよね。とても混乱しますよね。
私も混乱してますし、どーすれば良いのかよくわからない。
多分・・・一生懸命・・・両方やるのが・・・イイのかも・・・わからない。

とりあえず、家の中の掃除は頑張る。
外から帰ったら手洗いうがいを頑張る。
あとは何だ?
あとは・・・
ええと・・・
あの・・・
その・・・

要するに、バランス感覚が鍵となるんでしょう。
けど。
ス・・・少しづつ研究しなきゃ。
デスよね。


コメントする