2012年9月アーカイブ

こんにちは

コロッケ・ネタを引きずってブログ3回目。
おととい・・・かな?遂にコロッケ作りました。

感想は・・・もう揚げ物は怖くない!デス。
やればできるもんです。

ただ、温度調節がなかなか難しく、中までしっかり熱を通すのが課題となりそうです。
油の温度は高すぎると表面だけコンガリ、中は生。になりかねない。
今回はコロッケで中身が加熱済みのものだからヨカッタですけど、これがヒレカツとかだったらお肉が生焼けで表面だけカラっと揚がってる・・・ってことになりかねない。らしいです。

揚げ物初心者は基本的なところから勉強中。
そのうち揚げ物が上達する頃には、ぷくぷくと太って、揚げ物の誘惑を断つ努力をしているかも。
しかし、そうなる日まで、練習あるのみ!


こんにちは

今日のブログ・トピックはちょっとシリアスな内容です。

今朝、たまたま見ていたのがオンライン・NYタイムス。

メディアというのは不思議な物で、Aさん(日本メディア)という人の言い分だけ聞いてると、どうしてもモノの見方、考え方に偏りが生じる。場合によってはAさんに都合の良いことばかり聞かされることもあるしね。だからできるだけ、Bさん、Cさん、Dさんと、多くの人の言うことを聞いた方がイイ。

と、いうことで、アメリカのメディア、中国のメディア、ペルーのメディア、ジャマイカのメディア・・・・
なんでもいいので、世界を多角的に見る、知る、考える。
こういう努力はした方が良い。
世界のためにも、自分のためにも・・・。

でも、「そんな時間無いよー。っていうか中国語もポルトガル語もタイ語も何にもわかんないよー。」
というのが本音。
・・・・・む、難しいのね・・・・・
全然簡単じゃないッス。

***************************

話を元に戻しますと・・・・
私が今朝見たのはこちら ↓

要約しますと、ベトナムで「フリー・ジャーナリスト・クラブ」というグループ所属の3人が、ベトナム政府を批判する内容のブログをアップしたところ、逮捕、有罪判決をたった6時間の法廷で下されてしまった。通常ベトナムで、「不穏分子」とみなされる人物の裁判は5年はかかるはずなのに・・・。

3人のうち2人は男性、一人は女性。
懲役12年、10年、4年と、彼ら3人の処分は決まった。

アメリカとしてはこれからベトナムと仲良くやっていきたいところだけど、ベトナム国内における人権問題を無視できない様子。人権ウォッチ・グループも今回の問題に「待った」をかけている様子。

この3人をはじめ、「反政府」を訴え逮捕された人々は大勢います。
ベトナム政府がどれだけ反政府要因を排除したいか。
その根深い思惑が垣間見えた、今回の事件でした。

*******************************

で、やはり思うのが、テクノロジー革命「インターネット」。
一応、日本国内で私たちは「ブログ」という一時代昔よりも大きくパワーアップした形の「言論の自由」を得ていますが、自由の在り方と、自由の使い方、発信の自由と受信の自由、こういったものをよく考えずにズルズルと「便利」してきた、もしくは「使いこなせてない」感じはあります。

私たちが思う「通常」とは違う環境を覗いてみると、色々と考えることがある。
そして思う。
私は、今、その「違った環境」で何が起きてるかを知ることができた!
そこにはまさに、情報を得る自由があった。
私はそういった自由に感謝するのを、長らく忘れていたことにも気が付いた。



デス。
こんにちは

昨日のコロッケ・ブログに続き、またコロッケ・ネタです。
まずは、結論から言うと、昨日はコロッケ作らなかった。
これは諸事情によるものです。えへ。
結局、「多忙」ということで晩御飯は残り物飯とおよそで買ってきたお惣菜の複合体となりました。

で、今朝ですね、母とコロッケに最適なのは男爵芋だというテレビ番組を見ておりました。
母は、「そーよ、やっぱり男爵なのよ」といかにも「私、知ってるもん」的に頷いておりました。

そんな母は、祖母宅に行くとよくご飯を作ってあげてるらしいのですが、その姿は「ザ・独裁シェフ」。
ご飯を作ってあげるという善意の糸を「独裁者」の手が紡ぐ。
どーゆーことかと言いますと・・・

祖母は今夜のご飯がコロッケだと聞いて、じゃがいも(メークイン)を用意する。
すると母・・・
「私、男爵じゃないとコロッケ作らない。コロッケと言ったら男爵芋でしょ。じゃないとホクホク感がでないのよ。」
祖母、もちろん反論できない。(だっておいしいコロッケ作ってもらいたいもん。)
すると母・・・
「あとポテトサラダ。あれも男爵じゃないとダメ。」

ああ、可哀そうな我が祖母。
茨の道を通らなければおいしいご飯にありつけない・・・。


そういえば・・・ご飯を作るって、料理するって、
大変な労働がある代わりに「美味」への自由があるもんだなー。

コロッケを作ろう!

| コメント(0)
こんにちは

今夜はコロッケを作るぞー!オオォーーー!!
と、気合いを入れないと作れない・・・・・。
その理由は、私が揚げ物を作るのが苦手で(油はねなど怖くて)今まで必死に避けてきた。ということ。

「揚げ物なんてどーせ肥満の元凶。作れなくていいんだモーン。」
と、アンチ揚げ物を正当化してきました。
しかし、うちの子ちゃんが生まれてから考えが変わりました。

うちの子ちゃんは男の子なので、近い将来いわゆる「食べ盛り」という時期がやってくるのは必至。
さらに、揚げ物を家で食べないと、色々な食文化を知らないまま育ってしまうということに・・・
考えられるシナリオをチョイト想像してみました。
以下、うちの子と幼稚園のお友達の会話です・・・

お友達 「わーい!今日のお弁当エビフライだー!!」
うちの子 「ん?なんだそれ?」
お友達 「は?オマエ、エビフライ知らねーの?エビの揚げ物だよ。」
うちの子 「アゲモノ・・・・って何?」
お友達 「え・・・だからさー、トンカツとかコロッケとか、そういうヤツだよ。揚げ物だよー。」
うちの子 「ん?トンカツって何?コロッケとかオレ知らない。」
お友達 「はーー?!オマエ、トンカツもコロッケも食べたことないんか?」
うちの子 「・・・・・無い・・・・・」 (この時既に半泣き)
お友達 「じゃあさ、カツ丼も知らないわけ?」
うちの子 「知らない・・・」
お友達 「マジか?カツ丼マジうまいぜぇ。可哀そうだなー、あんなウマイもん食ったことないのか。」
うちの子 「・・・・・・・」 (この時、母に対する疑念&モヤモヤとした不安でいっぱいとなる)

・・・・・なーんてことになって、自分のお弁当をコソコソ隠すようにして食べるようになったら、
それは、可哀そ過ぎる。。。。。


ので、母ちゃんは頑張るよ。揚げ物を。
まずはコロッケで実験だ。

たくさん食べて大きくなれよ!

こんにちは

今日は日本が誇るあの名物料理、しょうが焼きについて。デス。

昨日、我が母が作ったしょうが焼きを久しぶりに食べました。
おーーーーいしかったぁ!!

私は子供のころから「しょうが焼きってこういう味」みたいなものを、
母の料理一つで認識していました。
それからだいぶ経って、大人になったとき、初めて「およそのしょうが焼き」を食べたのです。
それは・・・セブンイレブンやオリジン弁当などの「しょうが焼き弁当」ってヤツです。
それがね、母のしょうが焼きと比べるといくらかちょっと甘いんですよね。
あと、生姜の味があまり効いてないというか・・ケチというか・・・。
その時初めて、「あ、しょうが焼きって言っても色々アルのね」と思ったモノです。


ちなみに・・・しょうが焼きに関するこんなエピソードもあるデス。
それは、母の知り合い男性が語る、彼の奥さまの手料理のお話。
元々その奥さまはお料理に凝ってる様子ではないようです。

ある日ヒョンな事から
「え?しょうが焼きってショウガ使うの?」
と、奥さまがコメントしたことに対し、ダンナさんが
「え!?オマエ、何を言っているんだ?今までしょうが焼きどうやって作ってたんだ?」
と言う話になり・・・、奥さまは
「焼き肉のタレ使ってるわよ」
と答え・・・ダンナさん
「あ、今までしょうが焼きと言われ出されていたモノがどうも焼き肉のタレの味がすると思っていたが、なるほど、そういうことだったのか!」
と、理解したそうーな。


・・・・・・・家庭の味いろいろ・・・・・・・

うちの母のしょうが焼きは美味しいことは美味しいのです。ショウガも使ってるし。
が、母いわく・・・「毎回作り方やお味を変えてるのよ」、だそうで。

どうやら、家庭の味とは「不安定」という名の調味料も含んでいるようです。


こんにちは。


今週末くらいから秋という季節をむかえるそうで、秋風涼しくなってくるのを感じております。

私は別に夏大好き人間というわけではありませんが、
夏の終わりというのはどうも心にしんみりと来るものがあります。
繰り返し言いますが、私、別にそんなに夏が好きって訳ではないのです。
むしろ苦手なくらい。

しかし、夏が終わるというのは、ある種の哀愁でもって実感するような節があります。
楽しいことが全部終わっちゃうような錯覚。
秋だって、イイ事、たくさん、あるのに・・・。

そして考えてみる。
この夏何をやったか。ではなく・・・。「何をやらなかったか」を。

・海に行かなかった
・花火をしなかった
・家の目の前でお祭りが催されていたにも関わらず、行かなかった
・山に行かなかった
・夏らしいオシャレをしなかった
・スイカを食べなかった(元々あまり興味がない)
・ペディキュアをしなかった

ま・・っまぁ・・・。
ね、今年は赤ちゃんが生まれて忙しかったからね。
幸せいっぱい楽しいことがあったからね。

・・・・そして気が付く・・・・
上記やらなかったリストは、今年の夏やらなかったことではなく、
「ほぼ毎年」やっていないことだということを・・・。

うちの子ちゃんが大きくなったらいつもよりもっと夏を楽しもう。
無精なお母ちゃんは頑張るよ。
遊び無精のお母ちゃんは、もっとアクティブになるよ。
もっとお外に出るよ。
そして一緒に日焼けして真っ黒になろう。

うちの子ちゃんは遊びの先生だ!
できの悪い生徒をどーぞよろしくね。

こんにちは。


えと。
今日は「上沼恵美子のおしゃべりクッキングを見ている自分自身」
に対する考察をご紹介しております。

すーーーっごく簡単に言ってしまうと・・・

1.あの番組で作っているお料理はどれも大変魅力的でおいしそうに見えてしまう。
(他の料理番組でそれほど心が動かされないにも関わらず・・・)

2.あの番組を熱心に見て毎回何かを学んでいる。
そして、「ああ・・主婦になったんだなぁ」と、モノ思うのであった。


・・・・・デス。

こんにちは。

うちの子ちゃん、昨日は山之内病院に4カ月健診に行って参りました。
発育・発達共に順調良好ということで、うちの子ちゃんが頑張って成長してくれてることを実感したと同時に安心しました。
しかし、赤ちゃんはいつ何が起きるかわからない、健康面や普段の様子を常によく見ておかなくちゃっていう気持ちは変わらずです。

で、予防接種などで大変よくお世話になっている山之内病院の小児科ですが、これがまた先生、スタッフの皆さん一人一人が大変親切丁寧!
昨日いらした方々、全部で・・・そうねぇ、7人くらいいらしたかしら・・・。
この7人の方々が皆、「茂原キッズのお母さん」チックに見えてしまうくらい、親しみやすく大きく包みこんでくれるような優しさで溢れていました。
特に、初めてのお子さんを育てる新米ママさんは、大変心強い印象を受けるんじゃないでしょうか。

茂原に山之内病院があってヨカッタ!
ありがとう、山之内病院!!

こんにちは。


以前テレビ朝日のモーニングバードでナスのおいしい炒め方が紹介されていたので、学習後、さっそく作ってみました。

「ナスが油を吸ってベチャッとなる」問題を解決してくれたのが、塩でモミモミでした。
食べやすいサイズに切って、切った表面を塩でモミモミ。
すると、あら不思議!炒めるときに油を吸収しにくくなり、ジューシーなまま食べられます!
化学的根拠の解説もモーニングバードで紹介されていましたが、ここではチョイト割愛・・・。

で、作ってみたのが「ナスと挽肉とさやえんどうのピリ辛炒め」

ショウガとニンニクの微塵切りをトウバンジャンと炒め、そこに挽肉を合わせてまた炒める。
そこに少量の水とウェイパー、テンメンジャンを入れ、
あらかじめ上手に炒めておいたナスを入れ、
さらにあらかじめ茹でておいたさやえんどうを入れる。
全体においしいお味が絡まったら・・・・

できあがり!!

ショウガをちょっと多めに入れると、トウバンジャンの辛さとショウガの刺激が劇的に良いコンビになります。

ご飯にあう一品です。


こんにちは

今日は今話題のニュースについて・・・一言・・・。
The 尖閣問題ね。
こういうセンシティブな問題を話題にするには十分注意深くならなくちゃアカンので、
避けていた節はあるんですが・・・
それでも、勇気を持って一言。

尖閣諸島について大きく揺らぐ日々が続いておりますが、どうも押したり引いたり、様子見をしてみたり、大胆行動に出てみたりで、真っこと一筋縄ではいきません。
この一連の駆け引きについては、私としては「しょうがないかな」と思うのです。
皆さん色んな状況の中、色んな事情を抱え、色んな野望をチラリチラリと見せている。
複数の人が集まり利害をめぐり試行錯誤するのは、これまた自然なこと。

しかしですね、そんな皆さんに一言申し上げたいのは、戦争という最悪のシナリオをいつも念頭に置いて下さい、ということです。
石原都知事はなかなかもって中国を刺激する言動を繰り返す。
政府は何がしたいんだかよくわからない(つまり何もしない事を目的とした)曖昧行為を繰り返す。
中国は尖閣諸島のみならず、他国を脅かす姿勢を基本とする政策を好む。

平和的解決方が見つかりゃ苦労はねぇよぉ、って話ですがね。
しかしここで領土問題がさらに炎上しますとちょっとしたイザコザをきっかけに簡単に戦争が勃発しちゃうわけです。領土問題、後、戦争という図式は歴史的に見てもよくありました、実際。
で、これが日本と中国という対立で収まるかと言うと、絶対それは有り得ない。
日本と中国の間で戦争が起きれば、たぶんきっと領土をめぐって韓国やロシアが便乗してくる。
アメリカは、自分の都合を優先して判断する。
そういう可能性は十分アリ得ます。

そうなったときに日本が仲間がいなくて一人ぼっちだったことに気づく・・・・可能性はある。

そうならないためにアジア圏の友達が多い方が良い。
例えばフィリピンなんかも中国に領土を脅かされている。
このように悩みを同じくしている国にもっと注目してみてはどうかと思うのですが。
フィリピンは経済的にも軍事的にも強力なパワーがあるとは思いません。
しかし、力の強い人とだけ仲良くしたいという他力本願の日本では、もうやっていけない。
と、思うんです。

伸び悩みが続く今の日本だからこそ、アジア諸国との関係を必要としてるんじゃないでしょうか?
日本民族は元々協調性を重んずる民族です。
世界各国旅行して、世界の色んな人に会って、これは私が肌で実感したことです。
日本人の長所をもっと見直してほしい、そして有効利用して欲しい。
と、私は思うのですね。

こういうことに政府が着目しないなら、せめてメディアはこういった情報を積極的に扱って。
ぷりーず。

こんにちは。

うちの母は料理上手。
和洋中はもちろん、インドのカレー、ベトナムの生春巻きなど、多種多様な料理を作ります。

で。

チャーシュー。

これがとてもおいしかったんだ。

豚の塊肉を茹でて、味染み込ませて、そのまま冷蔵庫で一晩寝かせて。
ハイ!できあがり。な訳だけど。
ふと疑問が浮かんだダヨ。
なぜ市販のチャーシューはあれほどまで美味しくなく出来ているのか!?

普段私は豚肉の脂身なんかは絶対食べないんだけど、母のお手製チャーシューの脂身は何やら爽やかな味わいがして美味しかったのよ。
あれま、不思議。。。。

母のチャーシュー自慢でした。えへ。

こんにちは。

今日は突然大雨が降ったかと思えばやんで。
でまたチョロリと雨。
晴れ間。
また雨。

お天気さんが気まぐれ過ぎて、今夜の晩ご飯のシューマイの皮を買いに行きそびれました。
シューマイの皮なくしてシューマイは作れない・・・。
やむなくメニュー変更。

なのでビーフストロガノフにしてみたところ、これまた付け合わせの平たいパスタが在庫切れ。
結局、お買い物には行かなくちゃいけないみたいですぅ・・・。

今日のうちの子ちゃんはいつもの運動をグレード・アップしてみたのをやってみました。
いつもは片手でガラガラをニギニギしてましたが、今日は両手で。
結果、上手にできました!
二刀流でガラガラをブンブン振り回し、音も鳴らせました。

宮本武蔵って、赤ちゃんの頃からこうやってトレーニングしてたのかも・・・。

こんにちは。

ポリオの予防接種で生ワクチンから不活性ポリオワクチンに変更!
というニュースが最近やってますね。

うちの子は3カ月で、ギリギリ新しい不活性ワクチンに滑り込みました。

で。

申請するために茂原市役所に行かなアカンのですが、その受付日が9月3日より~となっています。
9月3日って月曜日なんですけど、何をとち狂ったか、私は今週の月曜日(つまり丸1週間早く)ダンナさんをけしかけて「ちょっと。市役所行ってきてちょーだい。」とお願いしてしもたのです。
もちろん窓口でうちのダンナさんは「コレ・・・来週からです」と言われてガックリ・・・。

ごめんよお父ちゃん。